私のカウンセリングの基本方針

同じ学校を出た自然療法士でも、そのカウンセリングの内容は違います。

私の出すアドバイスのほとんどは食事の内容の見直しです。サプリメントを出すことに私はとても慎重で、腸内環境改善のためにプロバイオティクスはよく出しますし、肝臓を労わるためのサプリやイライラがひどいときには期間限定で植物由来のサプリメントを出したりもします。でもビタミンやミネラルに関しては、それがたとえ植物由来であっても、サプリメントよりは時間はかかるかもしれませんが、できるだけ食事からと思っています。

日本ではほとんど知られていないかもしれませんが、フランスのDr.セニィアレが2012年に出版した、フランスでは超有名セニィアレ式食事療法について記した本

“L’Alimentation ou la 3eme médecine”(食べ物または第三の薬)は、まさにその通りで、普段私たちが口にするものこそが、健康にとって一番大切なことだと思っています。

ただし食材にかけられる予算、料理に使える時間、そして食べ方に対する哲学も人それぞれ。なるべくクライアント様のご希望に沿う、実践できやすいものをアドバイスするように心がけています。

食事同様に大切な運動についても、運動はまったくしたくないという人でも、軽い散歩をするところから始めたり、短時間でできるストレッチを提案したりするところから始めるように提案しています。

もちろん大気や水の汚染も深刻な問題ですが、健康のために田舎に引っ越すといっても、仕事や学校のためにそう簡単にはできません。でも食べ物(水を含む)や運動であれば、ある程度は何とかできると思うのです。

サプリメントもそうなのですが、精油やマッサージなど、外から与えられることはすべて、効果的なものだと思ってはいるものの、あくまで補助的・対処療法だと私は思っているので、必要に応じて期間限定でやるのがいいと思っています。

健康を他者にゆだねるのではなく、健康に対して自主的に・意識的なることが一番大事なのであって、自然療法士はそのお手伝いをするというスタンスで私は日々カウンセリングをさせていただいております。

クライアント様の中には食事の内容は変えたくない、運動もしたくない、だからサプリを出してくれ、マッサージをしてくれといったことをおっしゃる方もたまにいらっしゃいます。実は私にとってそれは一番時間がかからない簡単なカウンセリングです。でもそれではお金を無駄にするだけで、私の良心には反することです。

私も日々悩みながらプログラムを作っておりますが、私が一方的に指示を出すのではなく、クライアント様と一緒に試行錯誤しながらも、本当の意味で健康になることをカウンセリングの目標としております。